オンラインカジノにかかる税金の種類は?申告方法も解説!

オンラインカジノにかかる税金の種類と申告方法
オンラインカジノ入門編

オンラインカジノにかかる税金の種類と申告方法

オンラインカジノに税金はかかるのか?
オンラインカジノについては、この「税金」についても押さえておきたい、要注意ポイントです。

オンラインカジノは「一時所得」です!

オンラインカジノの稼いだお金に税金はかかるか、かからないか。
結論から言うと、税金はかかります。

オンラインカジノで稼いだお金は、給与所得や不動産所得などの10種類に分類される所得のうち、「一時所得」という分類にあたります。

●一時所得には、次のようなものがあります。

(1)懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金
(2)生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金等
(3)法人から贈与された金品
(4)遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

この中で、オンラインカジノで稼いだお金は、一つ目の「懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金」に該当するので、課税対象です。

ここで「あれ?パチンコやってて、税金なんて取られたことないよなー」と、思った方もいるのではないでしょうか。
確かにパチンコや競馬で、「勝って脱税した」というニュースなどという話を、耳にしたことはありません。
税金がかかるイメージが少ないのは、そういった理由もあるのかもしれませんね。

しかし払っていないだけで、実際はパチンコや競馬も税金を支払う必要があります。
オンラインカジノだけが、特別税金を支払わないといけないのではありません。

では、何が違うのか…。なぜギャンブルの種類によって、税務署から追及されたりされなかったりするのか、その理由について説明します。

勝ち金の受け取り方で変わる税金

オンラインカジノは、必ず税金を払わないといけません。
それは他のギャンブルと「勝ち金の受け取り方」が異なることが、大きく影響しています。
では、パチンコや競馬、そしてオンラインカジノそれぞれの勝ち金の受け取り方を見ていきましょう。

オンラインカジノとその他の勝ち金の受け取り方

・パチンコ/競馬の場合  ⇒ 運営側から銀行を通さず直接現金でプレイヤーに支払う
・オンラインカジノの場合 ⇒ 運営側から銀行などを通してプレイヤーに支払う

ここでのポイントは、お金の引き渡しで「銀行などを通すか、通さないか」です。銀行などの金融機関を通すということは、記録に残りますね。

オンラインカジノの勝ち金の受け渡しは、銀行振込や小切手など、記録に残る方法に限られています。
ところが、パチンコなどのギャンブルは、記録に残らない勝ち金を直接現金で受け取るしくみになっています。

そのため、お金の流れを税務署側が把握できず、取り締まりが難しくなってパチンコなどの儲けについては、大目に見られているのです。

以上のことから、パチンコや競馬とオンラインカジノでは、税金に対する取り締まり方が大きく違ってくるのがわかります。
オンラインカジノでは、お金の流れをしっかり把握されていますので、勝ったら納税する必要があることを忘れないでくださいね。

確定申告が必要?

オンラインカジノにかかる税金の種類と申告方法

会社に勤めている方は、勤務先の会社が税金関係の処理をまとめて行ってくれる為、自分で納税するなんて縁遠いことかもしれません。
しかし、オンラインカジノでの勝ち金取得は、プレイヤー個人の収入となります。
そのため勝ち金を得れば、ご自分で確定申告をおこない、税金を納めなければなりません。

税金のかかる時期や申告の時期について

税金は、その年のその年の1月1日から12月31日までに得たお金にかかります。また確定申告は、翌年の2月16日から3月15日の間におこなう必要があります。

たとえば、2018年4月からオンラインカジノを始めたとします。
その年の12月31日までに300万円の勝ち金が出たとすれば、その300万円がその年の確定申告の対象となります。
それを翌年の2月16日から3月15日の間に、自分で確定申告する必要があるのです。

自分で申告する。そう考えるだけでややこしそうで、気が重たくなりますよね。
気が進まない、億劫だと感じる方はたくさんいると思いますが、申告時期の税務署は驚くほど混みます。特に最終週は、もう言葉にできないほど…。

逆に、申告が始まる週にしっかりと準備していく方も多いので、これもまた混んでしまいます。

おすすめは、2月の下旬から3月初旬ごろです。大切なことなので、忘れずやりましょう。

課税金額の算出方法について

一時所得に分類される、オンラインカジノの勝ち金はしっかりと課税されますが、では一時所得はどのように計算するのか。

一時所得の算出するための計算式
【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額(最高50万円)】

収入金額(儲け)から支出金額(賭金)を引いて、さらに特別控除額(最高50万円)を引いた金額が、一時所得となります。
儲けが50万円以下の場合は、特別控除額として控除されるので、納税は必要ありません。

また会社勤めの方の場合は、給与所得のほかに20万円以上の収入があると、確定申告の必要があります。
会社勤めの方で例えると、70万円以上儲けていない場合は、確定申告がいらないのです。

ここまで説明すると、今度は支出金額と損失額について、頭が混乱する方もいるのではないでしょうか。
ここに出てくる【支出金額】には、損失額は含まれません。一時所得を算出する上でとても重要なポイントです。

たとえば、Aさんが4月に50万円賭けて200万円稼いで、翌月5月にはさらに100万円賭け、150万円負けてしまったとします。
その場合、Aさんの支出金額はいくらになるでしょうか?支払ったお金の合計だから150万円でしょうか?それとも負けた分も含めて300万円?正解は、「50万円」です。

一時所得の計算は、所得が発生した場合にのみ適応となります。そのため、ここでは勝った時の支出のみが【支出金額】とされるのです。税金は、勝つごとに課税されるものだと覚えておくといいでしょう。
負けた時の支出まで【支出金額】に計上してしまわないでくださいね。まとめてやらずに、日頃からこまめに記録することをおすすめします。

確定申告の流れ

確定申告に必要な書類

確定申告に必要な書類は、以下の3つです。
(1)源泉徴収票  …会社勤めの方の場合、年末年始頃会社から受け取る書類
(2)支払調書   …年末年始頃、オンラインカジノ側から受け取る書類
(3)経費の領収書 …所得が300万円以下の場合は不要

以上の3つの書類の中で、【支払調書】については、オンラインカジノへ直接問い合わせて受け取る方法と、ご自身で収支明細をプリントアウト、またはご自分でつけた帳簿などでも代用できる場合があります。
わからないことがあれば、税務署へ問い合わせれば教えてくれるので安心ですよ。

会社勤務の方は忘れず確認!

以下は、会社勤めのプレイヤーさんへの注意点です。
会社勤務で確定申告されようとしている方は、確定申告書の2面にある【給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法】という欄にある【普通徴収】へ、チェックを入れましょう。

ここにチェックを入れると、住民税徴収票が自宅に届くようになります。
この欄にチェックするのを忘れると、勤め先の会社に届いてしまうので要注意!
副業禁止という会社もあると思いますので、会社勤めの方は提出前に必ず確認しましょう。

オンラインカジノは安全に勝てる?見極めるためにライセンスチェック!
オンラインカジノ入門編
オンラインカジノは安全?見極めるためのライセンスチェック!

オンラインカジノには、オンラインカジノ独自の【ライセンス】というものがあるのをご存知ですか? オンラ …

オンラインカジノで稼げる秘密はペイアウト率にあり!
オンラインカジノ入門編
オンラインカジノで稼げる秘密┃ペイアウト率って何?

ギャンブルがお好きな方や興味があると、「どれが一番稼げるか?」という探究心に駆られてしまいませんか? …